Uncategorized

ビデオゲームの発展によるギャンブルとの融合

Spread the love

一般的にベッティングとゲーミングという言葉は、特にベッティングビジネスにおいて、反対の意味で使われています。両者の根本的な違いは、コンピューターゲームはスキルで結果が決まるのに対し、ベッティングはゲームによって状況が異なるという点でしょう。

それゆえに、ベッティングとコンピューターゲームプレイは対照的なものですが、両者には分かち難い関連性があるのも事実です。

世界中の人々が非常に高いレベルで効率的にコンピューターゲームをプレイするようになってから、ゲームプレイがさらに多様化しました。例えばeスポーツは今のゲーム業界におけるひとつのジャンルまでになっています。eスポーツの大会は徐々に知名度を増しており、数百万人もの人がYouTubeやTwitchを通じて試合を観戦しながら勝敗を予想して賭けに興じているほどです。

ビデオゲームにおけるギャンブル

コンピューターゲームの歴史はかなり長いもので、20世紀後半に登場し、2000年代に入ってからはインターネットでプレイされるようになりました。また、ビデオゲームで遊びながらギャンブルをするという概念も、古くから存在するもので、今でも失われていません。

「キャンディークラッシュ」、「グランド・セフト・オート」、「リーグ・オブ・レジェンド」、「マインクラフト」、「フォートナイト」などの絶大な人気を誇るゲームによってコンピューターゲーム業界は急速な発展を遂げました。

その後、イノベーションが加速し、ゲームの中には結果を予想して賭けを行うことができるものも登場しました。プランダー、再構築されたゲーム、あるいはeスポーツなど、ギャンブルができるコンピューターゲームにはどんどん新しいものが登場しています。

これらのゲーム自体に何か悪い問題があるわけではないのに、ベッティングとゲームの融合が問題視されているのは何故なのかを探ってみましょう。

ベッティングができるゲーム

ゲームの一要素として、ベッティングが組み込まれるのはよくあることです。最も一般的なのは、プレイヤーがゲームの中でポーカーやブラックジャックをプレイするという設定です。

「The Sims」や「グランド・セフト・オート」などがこの一例で、ゲーム中にポーカーなどをプレイして勝てばゲームで使われている通貨が手に入る仕組みになっています。ゲームによっては、ポーカーにマシンが使われ、シンボルが揃うと特典やコインがもらえるようになっているものもあります。

実際のゲームではポーカーマシンが表示されないこともあり、さらにゲームを進めていくためにスロットマシンをプレイする必要がある場合もあります。

シミュレーションギャンブルのゲーム

再構築されたゲームとは、ゲーム上でベッティングができるゲームのことを指しますが、このゲームではプレイヤーは現金ではなくバーチャルコインを使ってベッティングを行います。

現金を稼ぐことができないため、この種のベッティングは本物のベッティングとは見なされていません。このジャンルでよく知られているタイトルには「スロットマニア」、「ジンガポーカー」、「ダブルダウンカジノ」などがあります。

ビデオゲームの発展

アクティビティゲームで生き残るためには、ゲーム自体のスキルに加えてエンジニアリングの知識などが求められます。この種のゲームでは、アクティビティの主役がプレイヤー自身であり、ハードルを乗り越えられるかは、プレイヤーの実力にかかっています。初期のコンピューターゲームの大半もアクティビティゲームと見なされていました。今日では、実際の社会で起こっている様々な問題を扱ったゲームが多く、一つのジャンルを作り上げています。

このように、ゲームとベッティングの間にある差はほぼなくなってしまいました。ゲームで過度に遊んでいる若者を罵ったり、逆に心配したりする声もありますが、今の状況はギャンブル依存症になってしまう人間の弱さを考えると、危険な要素となりうることは否定できないでしょう。